>注目記事>受験対策のことを考えて塾や予備校なのか、家庭教師がいいか決めよう

受験対策のことを考えて塾や予備校なのか、家庭教師がいいか決めよう

勉強

性格に合わせて選ぶのが大切

高校受験や大学受験の対策としては、塾や予備校に通う、家庭教師を雇うなどがあります。それぞれ環境や教え方が違うので、どこへ行けば自分にとっていいのか判断しにくいと悩んでいる人もいるでしょう。そういったときは、自分の性格を考えてどこだと勉強するのかを考えてみてください。

塾・予備校・家庭教師の特徴をご紹介

男女

さまざまなコースが用意されている塾

塾は、基本的に復習と予習ができるところです。そのため、学校で習ったことをより分かりやすく理解できるように勉強できるようになっています。最近では、高校受験の対策も行なっています。公立高校などの受験なら塾に通ったほうが対策しやすいかもしれません。難易度の高い高校に行くときは、合格者を出しているところへ行くのがよいでしょう。塾には集団教室や個別指導があります。

予備校は大学受験の対策がしやすい

予備校は、基本的に大学受験のために通うので勉強内容も大学のレベルに合わせています。特に医学部に進学したいと考えているのなら、医学部予備校に行くことをおすすめします。医学部は、難易度がとても高くて一般的な予備校に通うだけでは合格しにくいといわれています。また、行きたい医学部の合格率が高いところを選ぶのも大切です。

競争心を燃やせる集団で学ぶ塾や予備校

塾と予備校には、集団で学ぶところと個別で学ぶところ、少人数で学ぶところに分かれます。ライバルがいたほうがいいというのなら集団で学べるところがおすすめです。あまり人と比べたくない、静かに勉強したいというのなら個別指導や少人数のところがおすすめです。

家で勉強を教えてくれる家庭教師

家庭教師は、家で勉強を教えてくれるのでリラックスしながら対策ができます。家庭教師は、さまざまな時間帯を指定できるので、自分の都合に合わせやすくなっています。通信制高校に行っていて不規則な時間でも対応できます。通信制高校に行きながら大学受験の対策をするのなら、家庭教師がおすすめです。

広告募集中